NPO法人 ニュースタート事務局関西

初めての方 活動に興味のある方 地域での活動

お知らせ

お知らせ イメージ写真

活動報告

活動報告 イメージ写真

ブログ

6月18日例会報告

By , 2022年6月24日 8:56 AM

 6月18日(土)15名(内家族の方は3組)参加でした。初めにニュースタートがどのように引きこもりについて考えているかを話しました。今回のヴォイスにも載せましたがフランスからの2人のアーティストへのインタビューの中で、「人生を一本道に例えた人がいて、引きこもったことはその一本道から落ちて履歴書に穴が開いたという表現をした。そのことが印象的だった。」という話しがあった。おそらく日本ではこのように考える人は少なくないだろう。そもそも人生が一本道なわけはないのだが、この考え方が広がっていくのは戦後。就職してそこでずっと働き続けることで安定した生活が待っているという。この太くて安定している幹はバブルの崩壊などでやせ細っていくのだが、かつての安定を戻そうと幹を太くしようと、状況は変化しているのに同じことを繰り返してきた。太く思われていた一本道にしがみつく、この無理がある状態が始まった1990年代ごろから引きこもりも問題と言われるようになる。

 就職活動は企業がやるべきことだ。働いてくれる人材が必須なのは企業側で、これから生きていこうとする若者にとっては企業に就職すること以外にもたくさんの道はあり、就職が唯一の一本道なわけはない。そのはずなのにもう何十年の間も大学生や若者とって自己責任でやるべきことになっている。本来は勉強したり、どう生きていきたいかに向き合い仲間と時間を過ごすための期間に就職活動をさせられる。フランスのかれらにとって印象的だったということは、フランスでは日本ほどこの考えに縛られていないということなのだろう。

 皆さんの話しからは、引きこもった原因は完璧主義だからという意見がありました。ゼロか100かでしか動けないのでやると言ったら真面目にとことん疲れ切ってしまうまでやってしまい、その後休み休み中途半端にでも関わり続けるということはできなくて完全に行けなくなってしまう。何かを完璧にするということは正解があることなら可能だろうが、本来生きること生き方に正解なんてなくて間違えもないはずで、それこそ親以外にもいろんな生き方をしている人に出会っていくことこそ何よりも必要なことだろう。また自分のやりたいことを努力して頑張るというのとも違い、やらなくてはならないだろうということを完璧にしようとしてしまうということに近いのだろう。せねばならないにがんじがらめで動けなくなる人も多いのではないだろうか。 

 他にも、

「子どものために」ではなく「自分のために」ここに来ました。

 相手(たとえ家族であっても)はこう考えているだろうなと決めつけたり、そっとしておくのではなく、エネルギーのいることだし波風が立って痛くて苦しいことかもしれないがちゃんと聞くこと。

 周りに、家族でさえも肯定する人がいない。あんたは大丈夫だと背中を押せない。

など、参加されてる方同士でも意見を交換したりいろんな話をすることができました。初めての方もぜひご参加

6月26日(日)おしかけ鍋の会

By , 2022年6月19日 10:00 AM

6月26日(日)おしかけ鍋の会 12時~16時 第472

場所:カフェコモンズ 

待ち合わせ:11時45分にJR摂津富田駅改札前

参加費:カンパ制

参加資格:鍋会参加前後に定例会に参加していただけたらと思います。

※集まってから手分けをして鍋を作りたいと思います。

もちろん差し入れなども大歓迎です!みんなで集まりましょう。

久しぶりの方も初めての方もぜひご参加ください。

※開催日時などの変更もあるかもしれませんので、参加希望の方は必ず申し込みください。

7月の定例会◆(不登校・引きこもり・ニートを考える会)

By , 2022年6月19日 10:00 AM

7月の定例会◆(不登校・引きこもり・ニートを考える会)

7月16日(土)14時から (280回定例会)
場所:クロスパル高槻 5階 視聴覚室
当事者・保護者・支援者問わない相談、交流、学びの場です。
参加希望の方は事務局までお申込みください。詳細はこちら
※参加者は中部から西日本全域にわたります。遠方の方もご遠慮なく。
【高槻市青少年センターと共催で行っています】

 

Panorama Theme by Themocracy | Login