NPO法人 ニュースタート事務局関西

初めての方 活動に興味のある方 地域での活動

お知らせ

お知らせ イメージ写真

活動報告

活動報告 イメージ写真

ブログ

6月定例会報告

By , 2021年6月20日 2:06 PM

 6月19日(土)この日はカフェコモンズで開催されました。8名参加でした。

4月と5月の定例会はできていませんでしたので、久しぶりの会でした。この間のニュースタートやその周辺の動きなどを話したあと、みなさまの現況などを聞きながら話し合いました。

 引きこもっている状態の人にとっては「外に出る」=「働く、仕事をする、就職する」と考えてしまいがちで、はじめの一歩が難関過ぎてより動きが取れないことも多いのではないでしょうか。そうではなくてまずは仕事は横においても、「仲間作り(人と集まって話したり何かを一緒にしたり)」が何より大事なんだと親が本当に理解したのちに本人に伝えること。いつ働きだすつもり?この先どうするの?とは聞かないようにしているというだけでは本人には伝わらず、ちゃんと言葉で「今あなたに必要なことは仕事をすることではなくて、上下関係もなく競争相手でもない立場の人と出会っていくこと」だと伝え続けなくてはならないと思う。

 高校など学校生活の時期が終わる頃、働くことを考える必要に迫られる。その時の状況が親の世代の方たちが体験してきたものと変ってきてしまっていることをまず親が知る必要がある。社会と個人との関係が180度転換してしまっている。以前なら社会の側から、下からか横に寄り添うようにして、うちの会社はこんな仕事をしていていますけどどうですか一緒に働きませんか、と話しかけてくれた。これに対してはyesかnoで答えることができて若者にとってコミュニケーションが取りやすかった。しかし今は、「あなたは何ができるの?」「他の人と比べてあなたはどれくらいの気持ちでうちの会社に入りたいと思っているのか表してみなさい。」と上から言われる。それに対して、若者はまだ働いたこともないのに「自分はこんな勉強をしてきてそれを生かせます。資格も持っています。」「言われたことには従います。」「周りの人とうまくやっていくことができます。」とアピールしなくてならない。それができないとコミュニケーション能力が足りないなどその人個人の能力が足りないと責められてしまう。そんな状況では、まじめで正直な人ほどうまくなんてやり過ごせないだろう。立ち止まって引きこもってしまうことの方がよっぽど全うな感覚を持っているのではないだろうか。そういうことを分かった上で親や周りの人は話しかけていかなくてはならない。そんなあなたが一人引きこもらなくてはならないなんて、それこそおかしいのだと。考え方をそれこそ180度転換させなくては本人の心に届く言葉を発することはできないだろう。(くみこ)

7月の定例会◆(不登校・引きこもり・ニートを考える会)

By , 2021年6月20日 2:05 PM

7月の定例会◆(不登校・引きこもり・ニートを考える会)

7月17日(土)14時から (268回定例会)
場所:クロスパル高槻 視聴覚室
当事者・保護者・支援者問わない相談、交流、学びの場です。
参加希望の方は事務局までお申込みください。詳細はこちら
※参加者は中部から西日本全域にわたります。遠方の方もご遠慮なく。
【高槻市青少年センターと共催で行っています】

次回の鍋の会7月25日(日)です。

By , 2021年6月20日 2:01 PM

7月25日(日)おしかけ鍋の会 12時~16時 第464

場所:カフェコモンズ 

待ち合わせ:11時45分にJR摂津富田駅改札前

参加費:カンパ制

参加資格:鍋会参加前後に定例会に参加していただけたらと思います。

※現在はみんなで作る鍋ではなく、こちらで料理を作っています。

料理を参加者に方に調理担当として任せたいと考えています。調理担当しながらの参加希望も興味のある方はぜひ事務局までお問い合わせください。一緒に話しながら決めていきましょう。

 

感染症予防対策:入室するときは消毒してください。一部窓を開けた状態にしています。暖かい格好でお越しください。正面向かい合っては食べないようお願いします。厨房は決まった人だけが入り、お皿を洗うときは消毒をしてもらいます。話すときはマスクをして話してください。距離は保ってください。不安に感じることなどありましたら、その場でお伝えください。

※ 中止など変更の際はご連絡しますので、参加希望の方は必ず事務局までお申込みください。

Panorama Theme by Themocracy | Login