NPO法人 ニュースタート事務局関西

☆西河原プールに行ってきました!

By , 2017年8月23日 10:00 AM

ドミトリーから自転車で15分ほどの所の茨木市にある西河原市民プールへ寮生と鍋隊長と一般参加の若者と僕との男4人で行ってきました。昼前に集まり向かう途中にあるラーメン屋で昼食。こってり系で気持ち悪くならないかと話しながらみんなきれいに完食しいざプールへ。着替えを済ませて一人一人浮き輪を膨らませ屋外のプールへ。午前中の曇り空から一転し夏の強い日差しが照りつける中、満員御礼のプールはいい歳した男達が中学生レベルではしゃぎ合ってウォータースライダーにも乗ったり滝に打たれたり。時間はあっという間に過ぎて行きました。もうそろそろ出ようかと考えるもせっかくだからもう少しだけと延ばし延ばしになりながら18時まで遊んでいました。帰り自転車に乗る頃には夜に突入する時間になっていました。4人はそのまま晩ご飯も一緒に食べて一日中遊び尽くした日になりました。

○夏の畑はちょー過酷!

By , 2017年8月23日 10:00 AM

7月29日に樫田の畑に寮生と二人で行ってきました。夏の日差しの中ドライバー不在でバスでの移動でそれだけでも一苦労です。着いてみると一面雑草の畑。途方に暮れながら農業の大変さを感じました。この日は芋掘りをして一本逃すと3時間待ちになる帰りのバスの時間もあり手早く終了。バス停に着くとまだ時間に余裕があり近くの公民館や小学校を見て回りながら時間潰し。夏休み中なので学校は開いておらず帰りのバスも貸し切り状態でした。いくら山の方で空気が綺麗でも日本の夏は暑いと話しながら帰路に着きました。

『402回目の鍋』と『403回目の鍋』

By , 2017年8月21日 2:00 PM

『402回目の鍋』
7月23日。夏らしくすっかり暑くなってきたこの日にも、月2回の鍋の会は行われます。
怖いとわかっていてもやってしまう肝試しのような怖いもの見たさと同じ心理が働いたのか、暑いとわかっていても辛いもので攻めていきたいという姿勢がこの日にはあったようで、暑い中で辛い鍋を食べる事となってしまいました。この流れは毎年欠かさず行われているような気がします。慣れてきたのかもはや誰も止めません。
心の中では「ヤバイ」と思っている人もいそうな気はしますが。
しかし、とはいえ部屋の中は冷房があり涼しい環境下で食べれるので、そこまでヤバイという事もありません。
炎天下の中、外で白昼堂々と鍋を食べるような事でもない限りはまだ大丈夫でしょう。
今回は辛いものがちょっと苦手という人もいたので、辛いものとそうでもないものと二種類に分けて作る事にしました。辛い方には辛み調味料をふんだんに使い、マシな方はキムチで味付け。結果としてなぜかキムチの方も意外と辛いという声が上がっていましたが、ちゃんと旨みもあっておいしいという評価がなされていました。そして辛い方は自分もメインで食べていたのですが、こちらは純粋に辛いだけで、旨みとかはなくともただただ辛い物が好きという人にはちょうど良いかもしれません。
ちゃんと食べられる辛さであれば自分も好物の部類に入るので良かったと思います(他の人の評価はキムチほど良くはなかったですが)。要するに、辛いもの好きとしてのプライドを保つか、日本人が大好きな旨み成分に酔いしれるか……この二択であったのではないだろうかというのが自分の結論です。まぁどっちも美味しくて甲乙付け難いというのが本心ですが、この心境もまた日本人らしさなのだという言い訳をしておきます。

『403回目の鍋』
8月13日。前回の鍋の会から3週間が経ち、今回は持ち寄り鍋の会を開く事となりました。
鍋の会の名を冠する割に鍋のナの字もないわけですが。
とりあえず自分はたまに行くお酒のスーパーで熟考した末に食べながら飲めるであろうワインに絞り、さらに女性でも飲みやすい事で知られるスパークリングワインの中から選ぶ事にしました。ドミトリーに着いたら既に多めの参加者の方々と美味しそうな料理が並べられていて圧巻。特に寮生のM君が朝8時から作っていたという大量の「アマトリチャーナ」というパスタに驚かされました(本人曰く、アマトリチャーナモドキらしいです)。
あまり聞かない名前のパスタだからという理由で驚いたのではなく、単純に用意されていた量にビックリしたのです。話によると1200g分のパスタ麺を湯がいて作ったとか……大きなボウル二つにぎっしり入っちゃってますよ。
ともかく、自分の買ってきたスパークリングワインとこのパスタは相性が良さそうなので助かりました。
他にもサラダやたこ焼き、じゃがいもチップスにミニアメリカンドッグにフライドポテトなど、色々な食べ物が勢揃い。いつもは何を作るか考えて、食材を買いに行き、鍋を作るという工程を踏んでいるので開始から1時間以上経ってからようやく食べ始めるのですが、今回は開始からおにぎりを握り終わった段階ですぐに食べ始める事が出来ました。
料理とお酒を楽しんで、食後にはお菓子やデザートもいただきました。もちろんほぼ全てが参加者の皆さんが持ち寄ってくれたものです。普段の行事をお休みしてたまにこういう事をするのも良いものですね。
食事があらかた終わってきた後は、「カタン」という前からドミトリーに置かれていたゲームを知っている人から教わりながらプレイするグループが出来上がってました。
良い感じに酔ってしまった自分の頭では複雑なルールを理解出来なかったので、自前で用意していた「ワンナイト人狼」というゲームを代わり替わりの4人で遊ぶ事にしました。ここに来て何度か遊んでいるゲームなので、たとえベロンベロンに酔っ払っていたとしてもプレイする事が出来ます。
そんなこんなであっという間に時間は過ぎていき、持ち寄り鍋の会は閉幕となりました。
近々事務所移転の為、このドミトリーで行える鍋の会も残り数回と数えるほどしかありませんが、だからこその良い思い出を作っていけたらなと思います。つぼい。

通信発行作業

By , 2017年8月21日 1:02 PM

毎月通信を発行しています。これは定例会の集まりとともにニュースタート事務局関西の中でも一番長くやっている活動一つです。HPに載せている活動報告や鍋の会報告など重複している記事もありますが、通信にしか載せていない文章もあります。毎月一度の定例会開催日までに作られます。最近はいつもぎりぎりに完成します。作った後も、大量に印刷し、折り込み作業をして、郵送するために封筒に収めます。定例会に参加された方には郵送しています。紙媒体というのは、かさばるし労力もかかりますが、パソコンやインターネットがそれに代わるものになるかといえば、難しいでしょう。なんというか、余計なおせっかい感というか。

定例会&父母会一言報告コーナー7,8月

By , 2017年8月21日 10:40 AM

定例会報告

7月15日(土)に名参加(内御家族さん組)でした。
今回は卒寮して近くで一人暮らしをしている元寮生が参加しました。引きこもっていた過去を思い出し「考えられない異常だった」という言葉が印象的でした。今も色々と悩みながらの生活ですがその時に戻る選択肢は無いという考えでした。生きづらさの中苦悩しながらも前を向いている元寮生に少し関心しました。

父母会報告

8月5日(土)に6名参加(内親御さん3組)でした。
今回も初対面になる親御さんも参加されそれぞれのお話を聞かせてもらい意見交換しました。何の予定もなくゲームなどしながら一日中家にいても笑顔もなく余裕もない状態でただ単に引きこもっていても怠けている状態ではないという事も話されました。早くその状況から解放してあげる事が大切だと思います。

Panorama Theme by Themocracy | Login