NPO法人 ニュースタート事務局関西 » community activities

NPO法人 ニュースタート事務局関西

Posts tagged: community activities

地域のお祭り

By , 2018年8月2日 9:05 AM

先週末、小学校で行われましたお祭りに自治会として、ヨーヨー釣りのお店を手伝ってきました。

水風船をひたすら作ったり、接客したり。台風などで祭り自体が縮小されたのですが、大盛況でした。

たぶん祭り

By , 2018年4月17日 1:01 PM

今年の夏か秋ごろかニュースタートの20周年祭のようなことをやろうかと検討中です。

で、いきなりコントの練習をし始めました。

変わるかもしれませんが現在のテーマは「内からじとーっと出てくるもの」です。

 

カフェコモンズで

By , 2018年2月22日 6:51 PM

明日、地元の中学生と交流します。

ピザ焼いたり、すごろくしたりする予定です。

20人近く来るっていろいろ大丈夫かな?

「私たちの津久井やまゆり園事件」

By , 2017年9月6日 10:55 AM

本の見本が届きました。昨年7月に「相模原障害者施設殺傷事件」として起き取り上げられた悲劇が、犯人一人を断罪収監して終わるのではなく、どのようにしてこの事件が起き、どのようにしたら二度と起こらないかを、当事者ご家族も含め一年後にそれぞれが思考し、集まった文章が載っています。うちの代表も最後の方に文を書きました。装丁も落ち着いた感じで良いなと思ったら、知り合いのちまちゃんがデザインしていました。あまり部数がないようで、近くの書店に並ぶか分かりませんが、見かけましたら是非に立ち読みでも!同タイトルで社会評論社から8日ごろ出版予定のようです。

壁を壊す

By , 2017年8月1日 7:08 PM

近所に新たな場所をつくるための作業をしています。どんな場所にするかなどは、このブログでも書いていこうと思っていますが、7月は中にある荷物を全部外に運び出し、掃除もしてきました。今日は一階に2つある部屋を一つにするため、部屋の間の壁を壊す作業をしました。ここだけでなく何度か解体作業したことがあるのですが、解体する時ってなんかいろいろと考えてしまいます。ここの壁は9ミリの合板の中に竹で編んだ土壁がありました。クーラーもない猛暑時、省エネで解体するには、闇雲にやっていては大変です。9ミリの合板を正拳突きで粉々にするくらいに、とんでもないエネルギーをかける事になりかねません。たぶん大事なのは、作るときにどうやって作ったかを考えて、ポイントを絞って攻めるのがいいようです。「ここに釘があって、そこにビスがあって」、「ここを剥がさなきゃ、そこは取れない」とか。あるいはそれらを度外視して、「もっと根本から破壊しよう」とか。そんなことやっていると「なんでこんな作り方したの、ここに釘いらんでしょ」とか不満が出てきたりして、「作る人は壊すときのことを考えていない、作るときは考えなくても作れそうだけど、壊すときこそ考えなくてはならない」とか、あらぬようなことを思いながら解体作業は進んでいくのです。そうやって思い詰めながらも、多少はストレス解消にもなりますので、いいですよ壁壊すの!でも、これって私たちの周りではよくある話じゃないか。家具壊したりね。でも、どうせ壊すのならベルリンの壁とか壊したかったなぁー

Panorama Theme by Themocracy | Login