NPO法人 ニュースタート事務局関西 » 『364回目の鍋』と『365回目の鍋』(12,1月)

NPO法人 ニュースタート事務局関西

『364回目の鍋』と『365回目の鍋』(12,1月)

By , 2016年1月19日 10:00 AM

『364回目の鍋』12月27日。
今年最後の鍋の会は各自で好きな料理を持ち寄って食べる会でした(鍋の会だけど鍋は作りません)。
家で作ってから持ってくる人もいれば、会場に材料を持って来て作る人もいて、どこかで買って来る人もいます。
買って来た唐揚げが被っちゃうのはもはや持ち寄り鍋の会のお約束ですね~(笑)。
どちらも買った場所が違うので、当然ながら味や食感も違ってて美味しかったです。
ちなみに自分は鍋はないけどせめて汁物があればなぁと思い、
野菜たっぷりの洋風スープを作って持って来ました。
今回の料理のコンセプトは「如何に安く作るか」だったので正直味には
あまり自信はなかったのですが、意外にも美味しく食べてもらえたのでちょっと安心。
お金さえ掛ければ料理は美味しくなる、ということではないのだと密かに学びました。
他にも美味しい料理や美味しいお酒、デザートのスイーツなんかもあって、とても豪華な持ち寄り鍋の会にすることが出来ました。
持ち寄ってくれたことももちろんですが、年末の最後の鍋の会にたくさんの人が集まって下さったことが自分としては一番嬉しかったです。来年の鍋の会も何卒よろしくお願い致します。DSCN5716

『365回目の鍋』1月10日。
あけましておめでとうございます。
新年第一回目の鍋の会は、記念すべき365回目の会となりました。
鍋の会自体がようやく歳を一つ取れたわけです(その間に人々は15年も歳を取ってます)。
そろそろ「歴史ある鍋の会」という呼ばれ方をしてもいいような気もしますが……まぁそれはさておき。
今回は実に1月らしい餅つき鍋の会を行いました。餅つきをしようという声があったのでやることになったのですが、
鍋の会の名前を借りるならやっぱり鍋もいるんじゃないかと不肖このわたくしめが提案させていただきましたよ。
そんなわけで餅つきと鍋作りを同時にしよう!ということになりました。
今年から開始時間が早まったのでお昼の12時から集まり、「何の鍋を作るか」や
「誰が何をするか」などを参加者の方々と一緒に話し合います。作る物と役割の分担が
終わったら各自で動いて準備を始めました。当然ながら、完成するまでは何も
食べられません。空腹は最高のスパイスだということを念頭に置いておきましょう。
下のコモンズハートの事務所にスペースを空けてもらっていたので餅はそこでつきました。
上では鍋(今回はお雑煮)を担当した人たちを中心に作ります。最終的にはみんな集まって餅をついたり丸めたり、餅が終わったら上に上がって温かいお雑煮を食べてほっこりしたり。何だかんだと忙しい一日でしたが、皆さん楽しめたようで良かったです。
……でも、やっぱり次からはどちらか一つにしましょうか(提案したことを反省中)。つぼい。

コメントをどうぞ
(※個人情報はこちらに書き込まないで下さい。ご連絡が必要な場合は「お問い合わせ」ページをご覧下さい)

Panorama Theme by Themocracy | Login