NPO法人 ニュースタート事務局関西 » 「ドミトリー」って!?体験お泊まり企画

NPO法人 ニュースタート事務局関西

「ドミトリー」って!?体験お泊まり企画

By , 2013年3月28日 5:44 PM

☆今回は「ドミトリー(寮)」について取り上げました。このニュースタート事業の要でありながら、寮そのものを取り上げることは少なかったのでは?と思います。  そこで、私(栗田)が1泊2日のお泊り寮体験をレポートしました。寮ってそもそもどういうところ?とか入寮しようか、どうしようかなどなど、寮について関心があるという方にお読みいただければ幸いです!

 

2月27日〜28日の一泊二日、ドミトリーにうかがいました。ドミトリーは、2階建てで、2階が寮生の住む部屋ですが、私は1階のパソコン部屋のお隣に宿泊しました。

鍋会や週に一度の夕食会にお邪魔することが多いのですが、それ以外の「普段の寮」にはなかなかうかがうことが少ないのですが、さて・・・。

「静か」 そう、基本的に、皆さん個々人のお部屋にいるか、用事があって出かけているかが多いとのこと。ないしは1階のパソコン部屋にいたりするので、共同スペースはほとんど普段は人がいないとのことです。

そして夕飯は7時から。夕飯担当の福神さんが作ってくださいます。これもまた外に用事がある人は遅れてきたりするので、7時に集まったのは福神さんと寮生3名(といっても微妙に時間差あり)、そして私の計5人でした。

福神さんがおかずはもりつけてくださり、ご飯とお味噌汁はセルフサービス、そして、お茶を飲みながら(これも自分で勝手に入れます。麦茶ができていてそれを飲むことも可能)すこしおしゃべりし、食器のあとかたづけを個々でやったあとは・・・特にやることはありません。お風呂に入って寝る以外は。

さて、ここで一つ事件(というほど大げさではないけど)が発生!お風呂とトイレが隣り合わせにあるため、お風呂に誰かが入っていると1階のトイレには入れないつくりなのですが、トイレに行こうとしたらお風呂に先客が!どうしよう!と挙動不振になること20分ほど。その後お風呂に出たのをすかさずチェックし、トイレにダッシュ(そしてついでに風呂にも入る)したのですが、あとで聞いたら2階にもトイレがあるとか・・そうだったのか。

ちなみにお風呂は時々争奪戦(?)はあるとのことですが、2階でも部屋によっては風呂の戸の開閉が聞こえたりするとのことなので、風呂が開いたとわかったらダッシュする、ということはあるようです。でもお風呂そのものは快適でした(^^)。

そして、朝。朝食や昼食は自分で適当に調達するのがここのならわしです。私はのんびりと優雅に過ごし、昼食を近所のスーパーDエーに買いに行ったところ、寮生の方と遭遇。お昼を一緒に食べました。

2時から共有スペースではオブスペースの会議があるということなので、また私は部屋に戻って休憩。その後、夕食会当番の人たちが集まって、今日のメニューの相談をしていました。4時から、木曜日に行われる夕食会の買出しがあるとのことで、寮生3名+ボランティアの方1名とそして私もついていき、Dエーへ。

寮生の方はベテラン(?)から今日始めて夕食会の担当になる方とさまざま。この日の献立は肉じゃがだったのですが、牛と豚のどちらの肉にするかとなったときの決め手は「・・・安いほう」。そして私がビールの缶を持っていったら「・・・買うのは発泡酒」。皆さんの節約魂に、私も学ばなければいけないとおもいました。

夕飯を皆で作成。今日は肉じゃがのほかにはオムレツ、そしておやつはゼリー入りのフルーツポンチでした。  ちなみにここは現在男性ばかりの寮ですが、私が一泊する限りは特に支障はありませんでした。前にも私の部屋に女性のスタッフや寮生が住んでいたとのことです。

関心のある方、まずは鍋会などの機会にぜひ遊びにいらしてください☆(栗田)

コメントをどうぞ
(※個人情報はこちらに書き込まないで下さい。ご連絡が必要な場合は「お問い合わせ」ページをご覧下さい)

Panorama Theme by Themocracy | Login