NPO法人 ニュースタート事務局関西

vol.6 引きこもり時事通信May~Jun, in 2014

By , 2014年6月27日 9:40 AM

引きこもりにまつわる、興味深い、気になる、疑問を持つ・・・etcのニュースをご紹介し、解説、感想、場合によってはツッコミ等を付記するコーナーです。(栗田)

 

☆若者の死因のトップは“自殺” 先進国中で日本だけ
URL http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20140603-00000027-ann-soci
2014年 6月3日
アメリカやドイツなど先進国のなかで、日本だけが若い世代での死因のトップが自殺であることが分かりました2014年版の自殺対策白書によりますと、日本の自殺者数は2年連続で3万人を切り、減少傾向が続いています。しかし、15歳から34歳の若い世代では、男女ともに死因のトップが自殺となっています。若い世代で死因のトップが自殺なのは、アメリカやドイツなど先進7カ国のなかで日本だけです。人口10万人あたり20人に上り、2番目に多いカナダの12.2人を大きく上回っています。政府は今年度も、約360億円を自殺回避の対策に充てています。

・・・もう言葉がないです。でもやはりこの記事は紹介しなければと思い掲載しました.

イラクで人質 今井紀明さん 不登校の高校生らを支援
2014年6月3日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014060302000224.html

2004年のイラク日本人人質事件で一時拘束された今井紀明さん(28)が、大阪市で不登校などを経た若者らの支援活動を行っている。「自己責任」を問う猛烈なバッシングに押しつぶされそうになりながら、ずっともがいてきた自分に重ね合わせてエールを送る。
「以前は何もする気がなく、死んだようだったけど、人と接することが面白くなってきた」。約六年間いじめに遭ったことのある通信制高校の男子生徒(16)が笑顔を見せた。
今年五月上旬、大阪市内のイベント施設で開かれた写真や書道の展示会。今井さんが共同代表を務める同市のNPO法人「D×P(ディーピー)」の支援を受ける男子生徒ら三人が出品した。
今井さんらは不登校やいじめ被害の経験者が多い通信制高校などに、商社マンら多彩な講師役を派遣。離島の旅館などでの職場体験も実施し、仕事のやりがいや卒業後の目標を考えるきっかけを提供する。ニートになるのを防ぐのが狙いだ。
今井さんは2004年4月、イラク戦争で米軍が使用した劣化ウラン弾による被害の実態を伝えたいとの思いで渡航し、中部ファルージャで武装グループに拘束された。グループは今井さんらの命と引き換えに、復興支援のため駐留していた自衛隊の撤退を要求した。
一時は死を覚悟したが八日後に解放。帰国すると、激しい批判が待ち受けていた。「非国民め、死んでしまえ」「無駄に使った税金を返せ」。自宅には百通以上の手紙や嫌がらせの電話が押し寄せ、兄は勤務先を辞めざるを得なくなった。
外出するとじろじろと顔を見られ、知らない相手から罵声を浴びせられたり、いきなり殴られたりした。人とまともに会話ができなくなり、医者からは対人恐怖症と告げられた。
暗い部屋に閉じこもる日々。「このままじゃ何も解決しない。批判する相手のことを理解しないと」と考え、しまい込んでいた手紙を少しずつ読み進めた。差出人の住所があれば返事を書いた。
手紙の内容をブログで公開すると、非難のコメントが約六千件も殺到。相手に自分の連絡先を伝え、かかってきた電話に耳を傾けた。最初は怒鳴り声だった男性は約一時間後「おまえも大変だったな」と励まし、自分も仕事のことでつらさを感じていたと打ち明けた。
対話を重ね、心の傷が癒えたと思えるまで、四~五年を費やした。この約二年間で世話をした生徒ら約百五十人が抱えるしんどさに、そんな過去が重なる。「彼らを救える仕組みをつくりたい。周囲から自分を否定されてきた経験は同じだから」
<イラク日本人人質事件> 2004年4月7日、イラク入りした今井紀明さんとボランティア高遠菜穂子さん、フォトジャーナリスト郡山総一郎さんを武装グループが中部ファルージャ近郊で拉致。武装グループの「3日以内に自衛隊がイラクから撤退しなければ殺害する」との要求を日本政府は拒否。3人は同15日に解放されたが、政府の退避勧告に反してイラク入りしたとして、政治家や官僚が批判。国内で「自己責任論」が巻き起こった。

自己責任という言葉が、責任を取るべき人間の「逃げ」として使われたこと、しかもそのツケが若い人間にまわった事件としても、自衛隊のイラク派兵は強く印象に残っています。集団自衛権とかいわれてますが、そこで守られるのはいったい誰なのか。ともあれ、今井紀明さんが大阪市でこのような活動をされてきたというのだなあ、となんとも感慨深い気持ちです。

秋葉原駅前に「レンタルニート」が登場して話題に 1時間1000円で遊んでくれるぞ
http://news.ameba.jp/20140605-507/  2014年06月05日   提供:ねとらぼ
アツを先取りしたナツい日だった6月4日にオタクの街として知られる東京・秋葉原に「レンタルニート」と書かれた看板を持つ怪しい人物がいるとTwitterで話題になりました。
怪しい人物の正体は、社員全員がニートというNEET株式会社の仲さん(25歳)。メンバーとの会議で出た「有り余る時間でお客と遊ぶサービス」というアイデアを元に単独行動で実践。秋葉原を行き交う人たちから注目を集め、すでに3回の依頼を達成したそうです。
サービスは1時間1000円。ポケモンの交換&対戦やカードゲームなどで一緒に遊ぶだけでなく、写真撮影のお手伝いもしてくれるそうなので観光案内をお願いするのもありかもしれませんね。そのほかにもよほど無茶な依頼でない限りは、臨機応変に対応してくれるそうです。

今後の予定について、詳しい日程などは不明ですが継続して実施していくとブログに記載されています。

レンタル○○というのは、この界隈で非常に身近に聞いたことのあるフレーズなわけですが、これはそのパロディと言っていいのでしょうか。あとこれも男性だから笑えるネタになるのでしょうか。女性が「有り余る時間でお客と遊ぶサービス」とかいうと、ここで語られてるポケモンやカードゲームと行った遊びとはまったく違う何かを求めてきそうな予感が。

コメントをどうぞ
(※個人情報はこちらに書き込まないで下さい。ご連絡が必要な場合は「お問い合わせ」ページをご覧下さい)

Panorama Theme by Themocracy | Login