NPO法人 ニュースタート事務局関西

○大掃除&忘年会ぜひ参加ください!

By , 2018年12月23日 3:55 PM

今年色々集まったよるべをみんなで大掃除しましょう!

日時:2018年12月27日(木)掃除10時から(昼食用意します。)

             忘年会17時から

場所:どちらもよるべです(^^)

参加費:忘年会1000円(大掃除お手伝いしてくれた人は500円です。)

よるべをちょっと雰囲気変えて、髙橋DJがみんなのリクエスト曲を流してくれますので、好きな曲リクエストくださいね。

※どちらも事前に電話かメールで事務局まで申し込みください。

◎第一回 ポエム大会11.30(金)~よるべクラブ~

By , 2018年12月19日 10:00 AM

11月30日は、よるべでポエム大会をしました。これは少し前にみんなで話していた時に髙橋さんが提案しました。普段常に文章を書くために頭の中で考えている髙橋さんが「ポエム大会やろう」と思いついた時、解放されたような自由な気持ちになれたと言ったのが印象的でした。短い言葉や文章で自分の気持ちを表現するということは恥ずかしい気もしますがなりふり構わずにいられる気がします。前日の29日の夕食会前に集まった人で何個かポエムのためのテーマを考えておきました。さぁ当日集まった6人で大会スタートです。まずは一つテーマを決めて皆そのテーマに沿ったポエムを30分間で考えようという事になりました。一つ目のテーマは「階段」。30分間いっぱい使ってみんな書き終えました。生きる事において抽象的な意味で階段という言葉を使った人や、本当に家の中にある階段について書いた人、短い文章の中に哀愁とギャグを入れ混む人。一つ目のポエムが書き終わって皆で回し読みした時点で(これは色んなメンバーや色んな場所でもやってみたい)と感じました。二つ目のテーマは「白紙」です。でもポエムを考えるというのは頭も心も使う疲れる作業なので休んでてもいいし、他のテーマでもいいよということにして考えました。この日出来上がった作品はよるべの壁に貼っていますので、ぜひ鍋の会などよるべに来た時に読んでみてください。(く)

看板

By , 2018年12月17日 12:21 PM

よるべの開所1年目にして、ようやく看板が完成しました。

よるべの来られる人はこれを頼りに来てくださいね。

◎またまたCPAOさんに行ってきました!2018冬ver

By , 2018年12月17日 10:37 AM

12.8~9(土日)~研修旅行~
 予報で今年一番の寒波が到来すると報じられた朝に出発。よるべ集合組と駅集合組が合流して7人で富田を出ました。二時間程で目的地の紀見峠駅に到着してそこのホームでもう一人合流しました。改札を出ると夏に参加した時に一緒に泊まった親子も合流して一緒にCPAOさんの所へ向かいました。15分程の坂を歩けばリノベーションをする家に着きました。まだ土足で上がれるような状態です。早速…いや…腹が減っては戦はできぬという事で昼食タイム。髙橋さんが集合時間前からよるべに来て作った梅と昆布のおにぎりと自家製キムチを広げみんなで食べました。どちらも好評です。挨拶と段取りも手短に床や壁を剥がす。出た廃材も分別する。自分が見えた所しか気付いてませんが他にも色々な作業がありました。大人も子供も男子も女子もニュースタートもCPAOも関係なく同じ目的に向かって一生懸命。疲れが出てきた所でモグモグタイム。そしてまた作業開始。天井まで剥がし終わって作業終了。進み具合も満足してもらい体力的にも完全燃焼して宿泊場所へ向かいました。
 車で10分程の場所にある広いリビングのあるCPAOさんの家にお邪魔してこれから過ごします。夕食はタコ焼きと焼きそばにけんちん汁です。みんな疲れていたと思いますが手分けして作り焼けた順番に食べていきました。ベビーカステラ風になったたこ焼きもこれはこれでいいんじゃないかなと。髙橋さんがさばいたつばすの刺身と塩焼きも美味しかったです。夕食のままの流れで話し込み、子供達以外ほとんどの人が話の輪の中でいました。話に興味を持って聞いている人もいれば何となくいる人もいたと思いますが日中かなり疲れたはずなのによく起きていました。すごく良い交流になりましたが全員就寝したのは朝5時頃でした。
 翌日8時頃から起き出す人の気配で連鎖的に次々と起床。確実に寝足りないまま朝食を食べ始めました。ここで用事で一日目参加できなかった寮生が合流。朝早くに富田を出て来ました。10時から「教育とは」をテーマに勉強会。学校という制度が一旦全部無くなって一から生まれるものの方が良いものができるんじゃないかとかフリースクールや海外の学校の話も出て、他にも色々とかなり濃い内容で話は進みました。一人一人の考え方や感じ方も聞けて良かったと思います。
 お昼からは鍋の会でそちらは「今日のお鍋はなんですか?」で紹介しています。帰る時間までに近くの里山見学ができるというので数名で向かいました。住宅街を抜けると棚田になっている風景が広がり車一台がギリギリ通れるその小道を奥の方まで進んで行くと手作りの小屋があり中には囲炉裏や釜もあり大きな炊飯器もありました。外には手作りの机やイスがありドラム缶でたき火をした後のようなものもありました。もちろんすぐ近くに畑もあります。子供でも遊べるような小川もあり近くにはカモが数羽泳いでいる人工的な池もありました。しばらくそのカモを眺めていると「このカモは食用だよ」と言われドキッとしました。また暖かい季節にここで泊まりたいなぁという声もありました。怒涛の二日間で夜更かしもして疲れたという感想も多かったですが濃厚な交流ができて良かったと思います。タナカ 

◎映画鑑賞会(12.7(金)~よるべクラブ~)

By , 2018年12月17日 10:34 AM

明日からの旅行に備えて今日は室内でゆっくり映画鑑賞会です。田中くんが借りてきてくれた3本のDVDの中からその場にいる5人で選びます。前回の哲学で多数決では結局みんなが納得する物には決まらないということがわかっていたので、一つ一つについて印象を伝えあい、その場の気持ち的にもコメディよりも沈み込む重たいくらいの物が見たいということで、他の二本のコメディではなく、「二つの名前をもつ少年」という映画に決まりました。さて見ようかとしたその時、一人が到着。意見を聞いてみるとコメディの中の1本を選択。到着ほやほやの空気の中なんだかコメディでも見れそうな感じもしましたが、さっき皆で悩み抜いて出した結論を変えず、そのまま「二つの~」を見ました。その時実感したのは、自分が何をしたいかっていうことは、周りの人が自分と同じように感じているか違う風に感じているか、など自分の意志以外の刺激でいとも簡単にひっくり返ったりするもんだという事です。今日はどう考えても外に出ていきたくない家で一人でいたいという気持ちでも、周りにいる人が一人でも「今日はいい天気だからハイキングに行こう!」と言えば、「そうだ、うんそれもいいかも」と感じたりするかもしれない。誰かと一緒にいるということは一人だけでは起きない化学反応が生じると思います。観終わってその映画についてどうだったと話せたことが良かったです。(く)

Panorama Theme by Themocracy | Login