NPO法人 ニュースタート事務局関西

3月21日定例会報告

By , 2020年3月23日 9:42 PM

3月21日(土)今日の定例会はカフェコモンズで開催されました。

9名の参加でした。

 まずはこのカフェが作られた経緯などを話した後、「引きこもるという行為を続ける原因はなんだと思いますか」

という問いに参加したみんなで答えながらそれについて話していくという形になりました。

いろんな原因があるだろうがその中であえてあげるならと答えていきました。

「究極は引きこもる家があるからだと思う。」

「人とのコミュニケーションがややこしくなっている今の社会状況がより出にくくしているのでは。」

「自分に社会で生きていける能力がないから。学校や周りの大人たちはそういう力を付けてくれなかった。」

など色んな意見がありました。

 先月フランスから引きこもりについて知りたいとやってきてくれた方たちと話していた時に、

フランスにもhikikomoriはあるが、それは社会的引きこもりという意味で使われていることがわかりました。

個人の責任だと考えられがちな日本と違い、そのような状況になるということは社会の側に問題があるという認識。

日本では人様に迷惑をかけないという観点から自己責任という言葉を使いますが、

本来は、自分の今の状況は、自分のせいというより社会の仕組みがおかしいじゃないかと外に向かって

伝えて他者と話をしていく事に自己責任があるのではという話もありました。

 他には親と子の会話の仕方について。例えば「私たちが死んだらあなたどうするの?」

これは子どもにだけ考えを求めていて会話にはなっていない。

子どもにとっては話しても分かってもらえないだろうと考え、自分の気持ちや不安は言葉にならない。

そうではなくて、「今のあなたの状況は私たちにとって良くないし、あなたにとっても良くないと考えている。

あなたがこれから生きていくためには家の中で誰とも会わないでいるのではなく、親以外の人に出会い、

話して考えていく事が大事だと思う。」など親の気持ちを伝えた上で「あなたはどう考えているの」

と聞く事で会話になっていくのではないだろうか。

 

コメントをどうぞ
(※個人情報はこちらに書き込まないで下さい。ご連絡が必要な場合は「お問い合わせ」ページをご覧下さい)

Panorama Theme by Themocracy | Login