NPO法人 ニュースタート事務局関西 » 「心のマント」 長井潔

NPO法人 ニュースタート事務局関西

「心のマント」 長井潔

By , 2015年12月21日 10:00 AM

「試練を終えたあなたは大魔王の洞窟の入口に。大魔王を倒すためにあなたは一つだけ武器を持てます。『資格』『学歴』『技術』『言葉の剣』『心のマント』どれか一つだけを取って入りなさい」

 

とうとうここまで来たのか。とはいえ武器らしい武器がない。どれにすればよい?

「資格」は入口にたどりつくためには使える。でももう入口には来たのだ。大魔王と闘うためには使いこなせないと。大きければ大きいほど難しいのではないか。

「学歴」は履歴書をしっかり埋めるし中に入れてくれと声を大に叫べるかもしれない。しかし中に入れることがわかっていれば関係ない。武器とは別物だ。

「技術」は闘いに使えるかもしれない。ただ大魔王がどんな敵なのかまだわからない。合わなければどんな技術も無駄。技術は身につけてから闘うものではなくて、闘いながら身につけるものだろう。

「言葉の剣」はどうだ。大魔王のふところに突き刺す言葉の群れ。ズタズタに切り裂くかもしれない。ただし相手も同じ戦術を取るかも。同じだけこちらもズタズタにされ、どちらか倒れるまで繰り返される消耗戦に。

「心のマント」かあ。言葉の剣から守るためのものか。これは武器なのか?頼りなさすぎないか?まあ消去法でこれに、決めた。

 

…やられたよ。大魔王もマント着ているよ。なになに?

「発達障害」

「ニート」

ふん、そんな言葉でマントを着た心は動かされないね。

「おまえを信じている」

「おまえのことが心配なんだ」

ムズムズする。なんとかやりすごせた。

「正規雇用してやろう」

おっ…とだまされないよ。マントを着ているから見える、その黒い腹。

今度はこちらから攻撃だ。

「バカ」

「年金の食い逃げ」

「語るは自分の経験のみ」

「信じるだけで何もしない」

「本当に心配なのは自分」

いやあ、効かないね。どうしよう。手玉がない。やけの一手だ。

「ありがとう」

…倒れたよ。一発だ。この言葉にはマントを通す力があるのか。

 

洞窟が消えた。村人たちが駆けつけてくる。

「ありがとう!」

「助かりました」

「ごくろうさま!」

「また手伝ってくれないか」

うわあ。体中があったかくなってきた。

あれ?村人の言葉はすべてマントを通り抜ける。村人はコツを知っているの?みんな心のマントを着ているとか?いや着ていない。

これらはきっと、もともと地域で暮らすための言葉なんだ…。

ふう、あったか過ぎる。このマント、脱いでみよう。

「最近の若者は…」

さぶっ。

2015年12月17日 長井潔

コメントをどうぞ
(※個人情報はこちらに書き込まないで下さい。ご連絡が必要な場合は「お問い合わせ」ページをご覧下さい)

Panorama Theme by Themocracy | Login