NPO法人 ニュースタート事務局関西

vol.12 引きこもり時事通信 Dec~Jan in 2014~2015

By , 2015年1月20日 10:00 AM

引きこもりにまつわる、興味深い、気になる、疑問を持つ・・・etcのニュースをご紹介し、解説、感想、場合によってはツッコミ等を付記するコーナーです。(栗田)

 

☆高齢者のための子育て相談支援は誰がやるの?

http://blogos.com/article/103342/

2015年01月13日 01:04 工藤啓
わが子が何歳であっても、親にとって子どものことは何とかしてやりたいというのが親心であり、それは「子育て」であり続けるようです。もう何年も前から高齢化するひきこもりの問題は一部で指摘されています。ひきこもり問題にかかわるひとたちにとっては「常識」かもしれませんが、問題そのものが社会化されているとは言いがたいのではないでしょうか。
DIAMOND ONLINEでも「高齢化する引きこもり親子の行く末か 45歳息子が80歳母親と無理心中の背景」といった記事が出されており、大変痛ましいものではあるが、特別な家族の話として終らせていいものなのでしょうか。
厚生労働省のウェブサイトには政策レポートから引用したひきこもりの定義が掲載されています。
「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6か月以上続けて自宅にひきこもっている状態」を「ひきこもり」と呼んでいます。
出典:厚生労働省
この定義を前提と考えると、窓口に直接当事者がひとりで相談に来ることは難しいと推察されます。もちろん、6ヶ月以上、家族以外のひととかかわらずに自宅にいたひとのなかには相談窓口に行くことができるひともいるかもしれませんが、公的機関とはいえ、さまざまな事情が複雑に絡み合っている自身の現状を、相手を信頼して開示できるひとは稀だと思います。

だからこそ、公民に限らず、相談窓口はご家族の方や関係者などにも開かれており、ご家族向けのグループワークや家族会のようなものを開催されているところもあります。

そして話を高齢化に戻すと、やはり、さまざまな調査では、ひきこもり問題の高齢化は顕著に出てきているようです。

この島根県健康福祉部の調査では、県内の担当地区を持つ民生委員・児童委員からのアンケートで、県内に1040名の該当者がおり、40代が最も多く、50代、60代もかなりいます。
山形県子育て推進部が行った「困難を有する若者に関するアンケート調査報告書」では、若者の状況を調査してみたところ中高年層にかなりひきこもり状態またはそれに近い状態の方がいるとと示唆される結果が出て話題となりました。

(略)
40代~60代のひきこもり問題についての課題は、住宅や仕事、生活や自立などいろいろ取り沙汰されますが、現場主観として「実際に出会う」ことが大変難しいように思います。もちろん、クローズアップ現代などでも取り上げられた、全国的に有名なな秋田県藤里町社会福祉協議会の例はありますが、制度や仕組みとして広げるのは簡単ではないように思います。
(略)
これらを地域社会という漠然としたものではなく、また、育成し得ない人材の登場を待つのではなく、せめてどこでも運用可能な仕組みにするとすれば、高齢者福祉全般にかかる施策などを担当する基礎自治体の高齢福祉課(名称はこれに限りません)に「子育て相談支援」の枠組みを作るしかないと考えます。
子どもがいくつであろうと、親にとって子どものことは「子育て」であり、70代でも、80代でも少しでも何とかしたいという気持ちは、その他の年代と変わりません。だからまずは親や家族で何とかしようとするし、できる限り第三者に知られたくありません。本当に限界まで来ると第三者への相談を選択される方も、若者支援のなかでは少なくないのですが、予防的早期対応を含めて、気軽に相談をするとなると、日常生活で比較的接点を持ちやすい高齢福祉課の枠内で子育て支援がなされるのがもっとも話がしやすいのではないかと思います。
70代や80代にとっては、子どもの状態を把握して相談窓口を探すというのは難しいのではないでしょうか。周囲には話すことができず、ネットで調べられる方も多くないように思います。その意味で、子どもはいつでも子どもであり、子育てというキーワードをうまく活用していくことが直接的に情報が来るのではないでしょうか。
私が心配しているのは、子どものことについて悩んでおられる70代や80代の保護者世代には、周囲からの孤立や、身体の具合、認知の問題など、トラブルに巻き込まれやすいリスクがかなりあるのではないかということです。子どもを想う気持ちを利用されるようなリスクを負わせないためにも、行政の仕組みのなかで対応できる部分は早い段階でやっていくべきだと思います。

 

今まではたとえば大学生や20代の子どもを持つ親で、50代くらいの親でまだ現役世代だったわけですが、親の状況の高齢化から考えたのがこの記事。NSの相談でも、事態は全く変わらず時間だけが経ってしまっているという話は折々あります。ただ事態はむしろ年が経つ方が困難になる。その困難をどうひもとくかというのが今後の引きこもりの状態を考える上でカギとなっていくと思います。
そして、今回で、この引きこもり時事通信は終了いたします。皆様、今までお読みいただきありがとうございました!

コメントをどうぞ
(※個人情報はこちらに書き込まないで下さい。ご連絡が必要な場合は「お問い合わせ」ページをご覧下さい)

Panorama Theme by Themocracy | Login