NPO法人 ニュースタート事務局関西

初めての方

 「社会的引きこもり」と言われるようになってから、15年ほど経過していますが、引きこもりの状態にある人は減っていません。ひきこもって長期化し年齢を重ねる人があれば、若い世代に新たにひきこもる人があります。まずは、今置かれているだろう引きこもりの状況が、それほど特殊で稀有でないことをご理解ください。この問題で悩んでいるのはあなただけでもありませんし、ひきこもっている本人やあなたの家族だけが苦しんでいるのではありません。私たちは「引きこもりは病気ではない」と主張しています。同時に「社会的引きこもり」という言葉が示すように、それは個人や家族的な問題ではないと考えています。

 個別的に、ひきこもりは10代後半にその兆しがあらわれることが多く、進学や就労問題との関連性、昼夜逆転や外出できない(対人恐怖)神経症などを伴い、家族に対する依存や暴力…などがその状態として表れます。家族自体もひきこもりがちになり、親戚や近隣や友人には頼れず、ついには親が死んだ後の子供の心配をしだします。引きこもっている人やご家族の苦悩は大変なのですが、社会的にも彼らや家族がおかれている状況を考えれば、ここで陥っている出口のないような状態は「当然」であるのです。一つ簡単に申し上げれば、彼らの社会的な役割がないのです。例えば、就職氷河期と言われるような時代の状況を見るもあきらかに、一部新卒など勝ち上がった者を除いて、多くの若者が「人」として今の社会には必要とされていないようであります。

 彼らにコミュニケーション能力がないとか、社会性が欠如しているという見方があるわけですが、彼らの存在に関心はないのに、友達もなく彼らに話しかける人がいないのに、彼らにだけ自発的なコミュニケーションをさせようとしているのです。何かを一緒にしているのでもなく、彼らにだけ能力や開けた気質を求めようとする社会の側の無関心な態度こそが、社会的な引きこもりを生んでいるもっともな理由であります。彼らの努力や能力が足りないから、病気だからひきこもるのではありません。何度も言いますが、彼らが悪いのではありません。親だからできることもありますが、子供が望むように親は変われません。そして、この問題には、ひきこもる彼らと同じ地平に立っている第三者的な存在が大きな役割を果します。

 私たちは鍋の会や訪問活動など、引きこもりの支援には必要だと思われる活動を続けてきました。そういった活動の中で、共同生活寮や地域での仕事を作ってきました。ひきこもりに対する支援の形は、ようやく少しは整いつつあるように考えています。ですが、その支援も含めた彼らが出ていく「社会」を作っていくのは、今もひきこもっている世代であります。このホームページをご覧になって、実際にニュースタート事務局関西を訪れてもらい、この問題を解決していければと願っています。

2012年5月    ニュースタート事務局関西代表 高橋淳敏

4 Responses to “初めての方”

  1. 横原 朋也 より:

    おはようございます
    ネットで検索していてニュースタートさんを知りました

    家族構成
    義理父と母 共に70代

    私は51歳家内は50歳
    長男が29歳長女が22歳です

    長女以外は一戸建に同居
    土地は義理父名義 母屋は私名義でローンはあと10年あります

    長男が引きこもりニートになっておりまして
    かれこれ6年位になります

    実は長男は家内の連れ子なのですが
    虐待したわけでもなく
    高校時代に年上女性と一緒に家出したり
    成人してからも
    でて行って何年もかえらなかったりしました

    今思えば
    必ず金銭的に頼れる女性についていくだらしない
    ヒモみたいな感じでした

    あと高校はでたですが自分で決めた専門学校も途中で辞めて
    仕事しては 数ヶ月で辞めるを繰り返していたのですが
    ここ二年だんだん両親も年老いてきてますし
    私も定年が見えてきて家内も心臓が悪いため

    長男の今後を考えて今年の1月からいろんな働きかけをしてみました

    まず現状は
    落ち着いてたら普通に会話もできますし
    不思議な事に同じ部屋で食事もできます

    ただし外にはでません
    それに自分の嫌な会話になると簡単に声が荒くなり切れてしまい
    ます

    例えば 仕事さがす 住むところさがす 外にいく 医者にいく
    無駄やから
    そんなの一切しないと

    部屋の壁に穴開けたり 包丁刺したりするのですが
    変なところ利口で人には手をだしません

    なんとか1月に病院に入院をさせ?ことが出来たのですが
    2ヶ月でじっくり自分を見つめなおせたように誰からみても見えたのですが
    カモフラージュだったようで
    病院で話合いして決めたこと

    通院しながら
    自立支援医療費削減申請して
    少しづつ働いてお金貯めて 一緒にいたらだめになるから
    独り暮らしをする目標をきめましたが

    元にもどりました
    というか最初から早く退院したいからのカモフラージュ
    だったのかなと思ってます

    そうなるとまた最近
    イライラすると床をドンドン
    一日中パソコンの繰り返し しかも
    病院で生活保護も無理でしょうと言われたので
    何をしても無理の結論しかいいません

    市役所の福祉課で相談したら
    無理ではないと言われ
    保健所でも訪問して話しましょうかと言われたので

    私と家内は病院と警察も話を一日中走り回って
    話してきて これは希望の光やなーと
    思い本人に話しましたが

    入院中に他の患者に聞いて全部
    知ってると ただし 窓口で直接相談したわけではないのですか

    無理無駄しかいいません
    生活保護も通院実績が必要と話しても
    でるかでないかわからないことなんかする意味がないと
    全てマイナスです

    しかも生活保護なんて13万位しかでないから
    そんなんで独り暮らしできないと

    そこで義理父にあまりにも暴言をかけるため
    私は 長男をしかり殴りつけ喧嘩になったので
    家内が警察をよびました

    そこで気がついたのですが

    結局 実家が居心地いいんだと三食風呂付き
    パソコンあり あえてでていくなんて最初から
    頭にないし でていくのが嫌なんではないかなと

    このままでは
    どうしようもないので自宅を売却して
    こちらが出ようという最終手段になりそうなのですが

    まだ他に良い解決策ございましたら

    • nskansai より:

      横原様
      コメントをありがとうございます。
      出口のないような苦悩は本当に辛いことだろうと思います。
      ニュースタートには同じような悩みを持たれ、踏み出したい親御さん、当事者が集っています。
      家族だけでは、そして一人では解決できません。

      この「初めての方」にも書かれているように、ニュースタートにつながって下されば、と願います。
      個人面談や定例会、引きこもるご本人の参加もと鍋会もあります。

      よろしければニュースタートに電話・メール等で直接お問い合わせくださいませ。
      お住まいの地域にもよりますがお力になれたらと存じます。

      ニュースタートスタッフ  山村

  2. 近藤好雄 より:

    はじめまして!!  テレビで拝見いたしました。 私は現在61歳で尼崎市ざいじゅうです。  15年くらい前に離婚して、元嫁59歳と息子24歳は埼玉県熊谷市に住んでいます。 息子が登校拒否になったり、それから引きこもりになったりしている事を離婚後、数年してから連絡があり、解りました。息子の引きこもりを治そうと一緒に尼崎市に住んだりもしましたが、結局駄目でした。2年前に熊谷市へ戻り、さらに引きこもりが酷くなったとの事で悩んでおります。部屋からは一歩も出ないでパソコンばかりしています。部屋の掃除も出来ません。衛生的にも悪く、アトピーにもなってます。本人が望まない限りこうした施設には入れない方が良いと言われておりますが、何かお知恵を拝借出来ましたら幸いです。最初は私だけでも相談に伺わせて頂ければと思いますが。???  宜しくお願いします。

    (※個人情報は事務局判断により非表示にしました。)

    • nskansai より:

      はじめまして。投稿読ませていただきました。ニュースタートでは個別面談等の相談できるものはいくつかあります。他にも何かお力添えができるかもしれません。資料送付もできますのでよろしければニュースタート事務局関西までメールか電話で問い合わせください。
      ニュースタート事務局関西 田中

コメントをどうぞ to 横原 朋也

Panorama Theme by Themocracy | Login